http://www.sanshinpo.com
むさし野治療センター 048-981-2617
むさし野治療センター HOME 脳血管障害と三鍼法 よくあるご質問 診療時間と周辺地図 院長プロフィール
 
脳血管障害はなぜ起きる?
脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)の発生は、基本的に体内の陰(組織)と陽(機能)の均衡状態が様々な原因により崩れてしまうことから起きています。

特に、血液の流れ、血管の硬化、血管の異常などは直接、脳血管に悪い影響を与え、脳血管障害を起こす元凶といえるでしょう。

脳のメカニズム
発症には様々な要因がありますが、特に高齢化による諸機能の低下や、現代社会のもたらす食生活、ストレスなどが影響しています。

最近の脳疾患による死者は年間16万人を超え、発症者はその3倍とも4倍とも言われています。脳血管障害による後遺症患者は600万人以上と推定され、医療制度や介護制度が大きな社会問題になっています。
 
脳の可塑化現象とは?
NHKの「ためしてガッテン」で放映された〜脳の可塑化現象〜という内容が話題になっています。

脳梗塞などで重度の後遺症を残した患者さんが適切で根気よく脳のリハビリ治療を続けていれば、ダメージを受けた脳以外の脳が代替機能を生み出すというアメリカの脳裏は脳リハビリセンターの研究成果と全身麻痺の後遺症で諦めかけていた日本の患者さんが5年後にリハビリを開始し、8年目には日常生活が出来るという事例の紹介でした。

これまでの医学の世界では脳のダメージは回復不可能というのが定説で、重度の後遺症患者は絶望的な状況に追い込まれていましたが、適切で根気よく脳リハビリを行っていれば、個人差はあるものの、あるレベルまでは回復できる可能性があるという患者さんとそのご家族に明るいニュースです。
脳リハビリで回復
 
 
三鍼法とは?
中国の名医である■馬志老師により考案され日本でただ一人、林義貢院長に伝授された秘伝の鍼治療法です。
 
三鍼法
特殊な三本の中国鍼を使い、気血のバランスを正常にすることによって、脳血管障害の予防や発症後の片麻痺、言語障害などの後遺症の機能回復、再発防止治療を行います。
その秘儀経路(気の流れ)と経穴(つぼ)に刺した鍼を、左右両手で両足を同時に操作する事により、素早く鍼感覚を起こし、百会に導穴を併用することにより鍼感を強め、伝達を速めてスムーズに気血を病巣に送り込むことにより脳細胞を修復します。
 
三鍼法で機能回復と再発予防
 
三鍼法適応症
 
「気功三鍼法」療法は脳血管障害治療以外にも様々な原因不明の症状の治療にも効果を発揮します。
 
脳血管障害予防
脳血管障害機能回復
脳血管障害再発予防
片麻痺
言語障害
認知症
うつ病
リュウマチ
不安愁訴症
アレルギー
慢性頭痛
めまい
視力障害
むち打ち症
坐骨神経痛
肩痛
腰痛
膝痛
発育不全
原因不明の症状
 
三鍼法 ご利用者の声
 
三鍼法 ご利用者の声 報告1.視力回復
杉村かえでちゃん(仮名)(吉川市在住)二年前の交通事故で、とある大学病院にて頭蓋骨の手術を受けたところ、視力が0.01に低下し、原因が不明のため治療方法がないと言われたそうです。その時、かえでちゃんのお母さんは西洋医学に見放された気持ちだったそうです。丁度その頃知人の勧めで、少しでも回復の可能性があればとむさし野治療センターの院長の三鍼法を受けたところ、徐々に視力が回復に向かい、ついに事故を受ける前の視力左右1.2まで戻ってきました。暗くなりがちだったかえでちゃんに笑顔が戻り、お母さんを始め、家族全員で驚きそして喜び、また東洋医学のすばらしさに感動し今も継続して治療を受けにみえています。
三鍼法 ご利用者の声 報告2.不安愁訴症
白井博之さん(川口市在住)コンピューター関係に勤めている白井さんは、気がつくと無気力で肩がこり、疲れやすくなっていました。すでに林院長の治療を受けていた奥様のすすめで治療をうけ、林院長の三鍼法と助言を受けているうちに、いかに自分が悪い方へばかり考えているかを知りました。物事を何事もプラスへ考えるようにしたところ、疲れも取れ、やる気が漲ってくるのが顔をみてもわかるように変化してきました。又、ある時会社内でトラブルが発生したため来院できなくなり、その旨の電話をうけ、白井さんから「院長にパワーを送って下さいと伝えてほしい。」とたのまれました。電話を切り、一時間もたたないうちに白井さんより 「トラブルが急に解決したんです。不思議ですね。」と再度電話があり、それから2時間もしないうちに白井さんは来院されました。
三鍼法 ご利用者の声 報告3.ストレス・不安
金城美代子さん(川口在住)身体の冷えと朝起きても身体がブルブルふるえて精神的にも不安定な毎日を送っていました。その上、車の運転は時々目をつむって運転していることがあり、気がつくと自分がどこにいるのかもわからない状態でした。 薬湯に入りにきた時、たまたま院長の健康講話を聞き、治療を受け始めました。「三鍼法」とカウンセリングにより病気にまっすぐむきあう姿勢が出来るようになり治療を受ける度に自然治癒力がついてくるのが、自他ともにわかりました。今では予防をかねて定期的に「三鍼法」の治療を受けています。
  報告4.脳梗塞
飛松義博さん(三郷市在住)会社員の飛松さんは昨年6月5日に脳梗塞で倒れ、地元近くの病院に入院しましたが、しばらくしてリハビリの病院へ移り、月曜日から金曜日までPT(足を主体の訓練)とOT(手の訓練)に明け暮れる毎日で、結局は本人の自主トレーニングにまかされているのが現状でした。そして、まだ歩行すら不完全としか見えなくても、泣く泣く退院を余儀なくされている患者の姿に接した時には、自分の将来の姿がダブって飛松さんは ショックを受けてしまいました。何としてでも大学生の子供2人を抱えている飛松さんは社会復帰しなければ・・・とその事で頭が一杯でした。そんな時、知り合いの社長さんが鍼治療を受けて脳梗塞が完治されたのを思い出し、かねてから存知あげていたよしかわ温泉に伺ったところ、脳梗塞などに効果があると言われている三鍼法を知りました。最初はなかなか決心がつかず、迷いながらソファーで待っていると、来院まで歩けなかったご婦人が、鍼治療後歩けるようになったのを目の当たりにし、またたくまに迷いが吹っ飛んでしまいました。三鍼法の治療後は足が軽く上がるようになり、階段の昇り降りも楽に出来るようになり、倒れて3ヶ月目で退院に漕ぎ着け、2日後には会社復帰を果たすことができました。私は同じ病院にいた I さんにもこの事を教えた所、I さんも飛松さんを追いかけるように退院されました。飛松さんの倒れた当時を知ってる病院スタッフは驚き、そして飛松さんまさにこの世の奇跡として感謝し、今では昔のように忙しい日々を送っています。
 
三鍼法に関するお問い合わせ
「三鍼法」は株式会社エンゼル産業の登録商標です。
 
お勧めの書籍一覧
 
21世紀の予防医学 奇跡の『三鍼法』
DVD 21世紀の予防医学 奇跡の『三鍼法』
 
 
脳梗塞絶望からの生還!「三鍼法」の威力
脳梗塞絶望からの生還!「三鍼法」の威力
 
 
秘伝 道家気功―百歳まで生きられる20世紀最後の気功法
秘伝 道家気功―百歳まで生きられる20世紀最後の気功法
 
 
自然療法と森林浴
自然療法と森林浴
 
写真で読むやさしい気功入門
写真で読むやさしい気功入門
 
 
図説 中国美容整体術
図説 中国美容整体術
 
林 義貢 監訳
 
運気論入門
運気論入門
 
林 義貢 監修
 
気孔時代
気孔時代
 
全日本気孔連合会
 
お勧めサイト一覧
 
よしかわ天然温泉ゆあみ
 
三鍼法研究所佐賀支部
 
 
 
むさし野治療センター
埼玉県吉川市保1-14-5

TEL:048-981-2617

FAX:048-981-2643
 
 
Copyright (C) むさし野治療センター. All Rights Reserved.
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ